>

北アルプスの天然水『アルピナウォーター』特徴と限定お得情報!

日本最大、南北100キロメートル以上の全長を誇る飛騨山脈、
別名北アルプスです。3,000メートル級の山が連なり、日本百名山が15も連座する、
世界的な山岳地帯でもあります。その地域を水源に持つウォーターサーバーが、『アルピナウォーター』です。

2009年以降、ウォーターサーバーを家庭に置く人が増えました。
2011年の東日本大震災以後もニーズが高まり、今もなお検討している人は多いはずです。
そこで今回は、初めてのウォーターサーバー選びに悩んでいる人に向けて、
人気商品の1つ『アルピナウォーター』をご紹介したいと思います。

『アルピナウォーター』は最強の水

ウォーターサーバーの水は、大きく分けて2種類に分かれます。
水道水を独自のろ過技術で奇麗にして、ミネラルを加え、ベストバランスの水を作る方法が1つ、
もう1つは採水地のミネラルウォーターを、そのままボトリングして、手を加えず消費者に届ける方法です。
『アルピナウォーター』は、その両者の「いいところ取り」をしている商品と言えます。

普通、ミネラルウォーターをそのまま家庭に届けた商品が最もいいように思えますが、
天然の水は必ずしも完璧とは言えない難しさがあります。
雑味があって荒削りで、人が水道水に手を加えた方がおいしい場合もあるのです。

ただ、水道水をろ過してミネラルを加えてとなると、
気分的に盛り下がってしまう人も居るはずです。
せっかくウォーターサーバーを家庭に導入するのならば、天然水を飲みたいという人も多いかと思います。

その点で、『アルピナウォーター』は最強のウォーターサーバー
と言えるかもしれません。
採水地は日本最大の山岳地帯、北アルプスにあります。
北アルプスの天然水をそのままボトリングするのではなく、何重にもろ過して雑味を排し、
分子レベルまで磨き上げてからボトリング
するのです。

水そのものが不純物を含まないため、純水と呼ばれます。
サーバー内のタンクやチューブにも不純物がたまりにくいというメリットもあり
ます。
お子さんなどにも奇麗な水を飲ませてあげたいという
親御さんの気持ちにも完璧に応えてくれる水
だと言えます。

『アルピナウォーター』はコストでファミリーに優しい

『アルピナウォーター』は価格にもメリットがあると言えます。
水の入ったボトルの料金が、12リットルで995円、18.9リットルで1,550円とかなり安い値段設定
になっています。サーバーのレンタル料金は月額600円必要ですが、
水そのものの値段が安いので、
家族3人、4人で消費量が多いような家庭では圧倒的に有利になります。

また、無料レンタルできるパレットを使えば、
スペアのボトルを奇麗に収納できます。余分にボトルを常備しておけば、災害時などの備蓄にもなります。
しかも現在は、サーバーレンタル料が初月無料、12リットルのボトルが
4本付いて3,980円という初回サービス
が用意されています。
いつでも5℃の冷水と85度の温水が楽しめるウォーターサーバーです。
家族で暮している家には、最適の商品です。