>

赤ちゃんにウォーターサーバーがいい理由

赤ちゃんの居る家庭は、生活環境に気を使っているかと思います。
また、子どもの口に入るミルクにもこだわり、可能な限り母乳を授けようとするお母さんも
多いかと思います。

しかし、実際は粉ミルクに頼る場面も多いと思いますし、
粉ミルクを作る以上、粉ミルクの銘柄と水にはこだわるかと思いますがいかがでしょうか?
そこで今回は、育児真っ最中の方に向けて、お勧めのウォーターサーバーを紹介したいと思います。

赤ちゃんの粉ミルクにウォーターサーバーは最適

結論から先に言いますが、ウォーターサーバーは育児と子育てに最適です。
特に卒乳をする前のお子さんが居るご家庭では、かなり役立ちます。
その理由は主に以下の2つが考えられます。

  • 1. ミネラルの少ない軟水や、ミネラルが全く入っていない純水を手軽に手に入れられる
  • 2. サーバーから85℃くらいのお湯が、レバー1つで出てくる

1:ミネラルの少ない軟水や、ミネラルなどが全く入っていない純水を手軽に手に入れられる

ご存じの方も多いかと思いますが、
赤ちゃんにとってミネラルは負担になります。
胃や腸には無理が掛かるので、粉ミルクを作る場合はミネラルの少ない軟水や、
ミネラルが完全に除去された純水を使うと最適
だと言われています。

その意味で、ウォーターサーバーは利用価値が高いです。
商品にもよりますが、北アルプスの天然水からミネラル成分を除去し、
完全な純水を作り上げたウォーターサーバーもありますし、水道水をろ過して
ミネラルの成分をリバランスした、軟水のウォーターサーバーもあり
ます。 しかも完全に無菌状態でボトリングされているので、
赤ちゃんの口に入る飲み物としてウォーターサーバーの水は極めて安全
です。

2:サーバーから85℃くらいのお湯が、レバー1つで出てくる

ウォーターサーバーの特長は、単に水が安全というだけではありません。
ミルクを作る際、普通なら水道水を沸騰させ、沸騰したお湯が80度前後に下がるまで待つかと思います。

特にプラスチックの哺乳(ほにゅう)瓶を利用する場合は、
有害物質が溶け出すリスクもあるので、沸騰したお湯は使わないと思います。 そういった意味でミルク作りは非常に面倒なのですが、
ウォーターサーバーであれば、レバーを倒すだけで85℃前後のお湯がすぐに出てきます。
そのままミルク作りに使えます。
沸騰をさせてから温度の低下を待つという
時間の掛かる作業が、全て省けるのです。

ウォーターサーバーは赤ちゃんのみならず、幼児にも最適

乳児だけではありません。幼児の健康維持にも、無菌でおいしい軟水や純水は、
非常にメリットがあります。家族全員で奇麗な水を飲む習慣を作れば、健康管理もかなり楽になるかもしれません。
ぜひともファミリーで、ウォーターサーバーを愛飲してみてください。