>

価格はどのくらい?

2009年以降、ウォーターサーバーを設置する人が増えているという統計があります。
全体の普及率はまだそれほど大きくは無いですが、
2011年の東日本大震災などの影響もあって、自宅にウォーターサーバーを
設置しようと考える人は、着実に増えてきている印象があります。

ただ、ウォーターサーバーを検討している人からすれば、
料金が最も気になるかと思います。ウォーターサーバーのメリットは認めるけれど、
高いコストが掛かるようなら、導入を見送るという人がほとんどだと思います。
そこで今回は、ウォーターサーバーの導入コストを考えてみたいと思います。

ウォーターサーバーの価格は、月に2,500円前後

ウォーターサーバーの月額コストは、
サーバーを利用する人の生活スタイルや家族構成で大きく変わってきてしまうのですが、
2,500円前後が相場かと思います。
そもそもウォーターサーバーのコストは2つに分類できて、

  • ・ボトル代
  • ・サーバーレンタル料

という名目で発生します。ボトル代とは水のお金で、サーバーレンタル代とは、常に冷えた水、
逆に85℃程度のお湯がワンプッシュで楽しめるサーバーを利用させてもらうための代金です。
サーバーレンタルを無料にしている会社も多いのですが、その手の会社はボトル代が高く
設定されていたりするので、結局は毎月2,500円前後に落ち着くといった印象があり
ます。

ウォーターサーバーの価格、具体例

代表的なウォーターサーバーの価格を一覧にします。
ただ、今後料金の変更が起きたり、会社が倒産したりするなどの状況も考慮して、
社名は伏せて一般論として比較したいと思います。

A社1本のボトル代(12リットル)995円、(18.9リットル)1,550円
サーバーレンタル料(月額)600円
B社1本のボトル代(4.5リットル)850円、(7.15リットル)1,100円
サーバーレンタル料(月額)無料
C社1本のボトル代(8リットル)1,050円、(12リットル)1,260円
サーバーレンタル料(月額)1,050円から1,575円

以上が、有名各社のウォーターサーバーの利用料金です。
配送料、登録料、サーバーメンテナンス料は完全に無料なので、
上述の料金が掛かると考えてください。

大家族はボトル料金が安いウォーターサーバーを、1人暮らしで消費が少ないならサーバー無料を

では、料金の違う各社の中から、
どうやってウォーターサーバーを選べばいいのでしょうか?
純粋に料金だけを比較して決める場合は、ご自分の利用環境をまず考えるといいです。

たくさん水を飲む大家族では、
サーバーが有料でも水が安いウォーターサーバーを選んだ方が、トータルで見て得をします。
逆に1人暮らしで、家を明けがちな人、水の消費量が少ない人は、
サーバーが無料で水の高いウォーターサーバーを選んだ方がお得です。
料金で悩んだら、参考にしてみてください。